ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、その名の通り、特殊な薬剤を使用して歯を白くする治療法です。
健康な歯を傷つけることなく治療ができますので、歯を削りたくないという方におすすめします。
最近、若い女性を中心に歯のホワイトニング(漂白)が広く認知され、行われるようになってきました。白い歯は相手に清潔感や健康であるといった好印象を与える材料になります。
歯は日常生活のなかで、着色されていきます。喫煙やコーヒー・お茶・赤ワインなどの食物の摂取によるもの、加齢によるもの、原因は様々です。しかし、そのままにされていても以前のような自然な白さに戻るのは難しいのです。
もしご興味がございましたら、一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。白いきれいな歯はあなた自身のもつ魅力を引き出してくれるのではないかと考えています。


ホワイトニングの手順

1回目来院時

1.カウンセリングシートをご記入いただきます。

ホワイトニングに関する簡単な質問にお答えいただきます。

2.歯科医師がお口の中をチェックします。

現在の歯の状態を診断し、適応症かどうかの診査をします。
※虫歯がひどい方や歯石が多く付着している方は、ホワイトニングの前に治療する必要があります。

3.写真撮影を行います。

※口腔内カメラのお口の中を撮影し、シェーガイドにて施術前の歯の色を記録します。

4.歯の型取りをします (ホームホワイトニング希望の方のみ)

5.前処置として歯の表面の汚れを取ります。

※効果的なホワイトニングを行うために、まずは歯の表面の汚れ(ステイン)を落とします。

 

2回目来院時

※オフィスホワイトニングの場合

1.歯の表面の汚れをとります。

2.歯の表面にホワイトニング剤を塗布します。

歯肉(歯茎)を保護した後、専用の薬剤を歯面に塗布し、ホワイトニングを行っていきます。
歯の状態を確認しながら約1時間ほど施術します。

3.薬剤をふき取り水洗します。

4.歯の白さをチェックします。

施術前のシェードガイドと比較します。個人差はありますが、平均3~7段階の白さが見込まれます。

5.歯の表面をフッ素コーティングします。

ホワイトニングを行った後の歯はとても敏感です。最後に歯の表面をフッ素コーティングすることにより、ホワイトニング効果の維持を高めます。

 

オフィスホワイトニング後の注意point

★ホワイトニング後は歯の表面の水分量が低下し、敏感になっています。

ホワイトニング後24時間程度は、色の濃い飲食物をお控えいただき、冷たいもの、熱いもの、酸の強いものなどの刺激を出来るだけ避け、喫煙もお控えください。

お控えいただきたいもの (例)

色の濃い飲み物(コーヒー、赤ワイン、ウーロン茶、紅茶等)
炭酸飲料
色の濃い食べ物(カレー、ぶどう、オレンジ等)
レモン
たばこ
色の濃いうがい薬(イソジン、コンクールF)

★歯が敏感になっているので、歯がしみたり痛みが出る場合があります。
このような痛みはほとんどの場合一両日中で消失します。
万が一痛みが続くようなことがございましたらご連絡ください。


ホワイトニングの手順

ホワイトニングの種類


種類 オフィスホワイトニング ホームホワイトニング デュアルホワイトニング
  31001003.gif 31001002.gif 31001001.gif
方法 歯の表面にホワイトニング剤を塗り、歯を白くします。
診療室で行います。
歯の形に合うトレーの中にホワイトニング剤を入れて白くします。
自宅など、医院外で使用してもらいます。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用します。
長所 ・濃度の高いホワイトニング剤を使用しますので、短時間で白くなります。 ・濃度の低いホワイトニング剤を使用し、ゆっくりと白くしますので効果が長く続きます。
・色戻りが遅い。
・自分の都合のいい時間にできる。
・透明感のある白さが得られる
・ホワイトニング期間の短縮。
・白さの効果の安定を得ることができます。
短所 ・歯の色戻りが早い。
・ホームホワイトニングに比べて歯がしみやすい。
・効果が現れるのに時間がかかる。(個人差がある)