歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは・・・歯と歯を支える組織の病気です。
歯周病をおこす原因は、歯と歯茎の間にたまった歯垢(プラーク)や歯石の中にいる歯周病菌。
歯周病菌が歯茎にダメージを与え、少しずつ歯を支える組織を破壊していきますが、痛みなど自覚症状がほとんどないため、気付かないうちにひどくなるケースが多いのです。

 

健康な歯周組織 

original8_01.gif 

 

歯周炎

original8_02.gif歯周ポケット 3mm以内
歯周病菌の出す毒素などで歯茎に炎症が起こる。
赤く腫れたり、出血する。
見ただけではわからない事もある。

 

軽度歯周炎

original8_03.gif歯周ポケットという溝ができ、歯垢や歯石がたまる。
歯茎から出血、腫れたり膿が出ることもある。
歯を支える骨が溶けはじめる。

 

中等度歯周炎

original8_04.gif炎症が奥まで進み、歯茎はブヨブヨした状態になる。
血や膿が出て、口臭もひどくなる。
歯を支える骨が溶けて歯がぐらついてくる。

 

重度歯周炎

original8_05.gif歯周病の末期症状。
歯を支える骨がほとんどなくなって、歯根が露出する。
歯がグラつき、腫れる。
歯が抜けることもある。

 

歯周病治療の主役はあなたです。

歯周病治療は進行に応じた治療を行いますが、治療だけではよくなりません。
もっとも大事なのは良い生活習慣です。

・正しいブラッシング習慣
・禁煙する
・よく噛み、三食偏りのない食事をする
・十分な睡眠
・ストレスをためない
などの基本的なことが大切です。

これに治療を加えていくことで、本当の歯周病の克服につながるのです。
お互いに協力して治していきましょう。